債務整理は弁護士に依頼すべきなのか?

「弁護士費用って高いでしょ?債務整理は弁護士を通さないとダメなの?」
「司法書士よりも弁護士に依頼する方がいいの?」
弁護士が、一個人に真摯に向き合ってくれるのか心配に思っている人もいるかもしれませんね。また、司法書士との違いがイマイチ明確にわからない場合もあるでしょう。
あなたが自分で債務整理を起こすことも可能ではありますが、膨大な準備書類を用意することだけでも大変ですし、それらに不備があるとその時点で期限切れになったり、不利益になることも起こり得ます。また、相手は金融のプロですので真摯な態度で交渉に応じてくれるかも確証はありません。
借金苦の中、ただでさえ弁護士に依頼する費用が心配な方のためにもこの記事では、弁護士が債務整理に関わる理由や、どういうタイミングで弁護士費用が捻出できるのかをお伝えしていきます。

司法書士と弁護士

司法書士も債務整理の中で任意整理という手続きを代理することが可能ですが、司法書士には扱える案件に制限があります。
司法書士は、あなたの債務額(借金)が1社につき140万円以下でしたら請け負ってくれますが、それ以上なら弁護士でしか扱えない案件になります。
・途中で整理方法が変わってしまった場合
140万円以下の案件だったとして、最初に司法書士に借金の任意整理手続きを依頼しようとするとします。そこで、カード会社(クレジットカード・消費者金融・銀行)との交渉がうまくいかなかった場合や、任意整理した結果でも今後の支払いに行き詰まりそうな状態が予測される場合は、任意整理以外の個人再生や自己破産という手続きに移行することになります。
しかし、地方裁判所を通す手続きになるこれらは、弁護士でないと扱うことができないため、そうなるとあなたは改めて弁護士に依頼し直すことになります。
司法書士は簡易裁判所管轄の代理権までなので、それ以上の管轄になると司法書士は書類作成はしてくれますが、裁判所にはあなた自身で出向くように言われるでしょう。
一方で、弁護士には、全ての訴訟代理権が備わっていますので、いかなる債務整理でも額の大きい案件でも書類準備から交渉まで全てトータルで任せることができます。
もしあなたが、140万円以下の案件を複数抱えている場合には、任意整理後の返済額もそれなりの額になると予想されますので、このケースでは初めから弁護士に債務整理の依頼をする方が良いでしょう。(内容がよく分かりません。140万以下も140万以上も弁護士に依頼した方がよいということでしょうか?)

専門家へ依頼するときの費用の捻出と支払いの流れ

ただでさえお金に困って、債務整理を検討しているのに、司法書士や弁護士への依頼費用が捻出できるのか心配している人もいるでしょう。
実際にどんなふうに弁護士への支払いが始まるのか順番でみていきましょう。
最初の新規の相談は、大体の事務所で無料で受けてくれます。そこで現状や様々な心配事(内容が抽象的すぎます)をクリアにすると、次への対策が見えてくるので、一度早めに相談してみることをおすすめします。
最初の相談後、弁護士に債務整理を依頼することになると、受任通知というものが弁護士からカード会社全てに連絡され、この受任通知を受けると債権者は督促連絡を続けてはいけないことになっており、おそらく翌日には督促は止められるでしょう。
もし、受任通知が出されてからも督促連絡をやめないカード会社があったらそれは違法です。
受任通知が出された後で、あなたと弁護士は必要な書類を用意していきます。
実際の手続きが、カード会社との間で始まるまでに数ヶ月の期間があって、その間はカード会社への借金の支払いは一旦止まることになるのです。ですので、流れとしてこの期間で弁護士費用を支払っていけることになります。弁護士費用は分割で受けてくれる事務所がほとんどです。
(支払いが止まる=支払いが再開するということですが、任意整理と個人再生は支払いが再開しますが、自己破産はそもそも支払いは無くなりますので、一括りにすることはやめましょう)
実際にこんなかたちで弁護士に依頼して、スムーズに債務整理できるならば、もっと早くに着手すればよかったというのは、借金苦の人たちからよく聞く感想です。
また、弁護士事務所に出向くのがなんとなく怖く感じたり、借金の原因を追求されたり、金銭感覚を厳しく指摘されるのではないか?と不安に思うかもしれませんが、堅苦しい雰囲気ではなく、ヒアリングや対処を提案してくれるものですし、難しいことをわかりやすく説明できるのがプロなので安心して大丈夫です。(第三者目線になっている。)
もし、どうしても弁護士事務所に出向くのに抵抗が消えない場合は、メールや電話でも相談できますので、まずはそこからトライして感触を確かめるのも良いでしょう。
とにかく、借金問題を先延ばししないことが大切です。

専門家に依頼するメリット

・郵便物や電話連絡
自分で債務整理する場合には、当然のこと様々な郵便物や連絡があなたの元に集まります。
これにより家族や周りに債務整理のことが知られてしまう可能性が出てきます。
専門家に依頼することで、全ての郵便物やカード会社からの連絡は弁護士事務所に集まるため家族にバレることもないでしょう。(任意整理はバレることはありませんが、個人再生や自己破産は、家計収支表の提出などの家族に協力を得ないとできないことがあるため、家族にバレずにすることは難しいです)またあなたと弁護士がやりとりする手段あ
や時間帯も考慮してくれます。
また、受任通知を出すことにより督促も止まるので精神的にだいぶ楽になるはずです。
・労力と時間、正確さ
債務整理には様々な書類が必要になります。
あなたが自分で準備したり取り寄せる必要があるものもありますが、全ては弁護士が指示を出してくれ、まとめてくれますので手間と時間が軽減されるでしょう。
また、不備があると交渉結果に不利益になることも出てきますが、弁護士はプロですので正確に進めてくれるのも精神的に穏やかでいられますね。
・金融のプロとの交渉力に差が出る
任意整理という手続きはあなた自身でも可能です。
ですが書類の準備に加え、過払い金の引き直し計算をしたり、そして何より一個人が金融のプロと交渉するのは無理があるのは想像できるのではないでしょうか?
法律の知識や債務整理の交渉に経験がないと、カード会社主導の相手の有利へ事が着地してしまう心配もあります。
よって交渉力や和解結果に差が出てきます。

まとめ

・自分で債務整理をするのは不可能ではないが交渉決裂や不利益に終わる可能性もある
・司法書士には扱える金額制限と案件範囲がある
・弁護士には全ての訴訟代理権が備わっていてどんなケースでも対応可能
・受任通知により一旦借金返済が止まるタイミングで弁護士費用は捻出できる
・最初の新規相談には無料で受け付けてくれる事務所がほとんど
・メールや電話でも新規相談が可能で現状を整理し対処法をアドバイスしてくれる
・債権者からの郵便物や電話も全て弁護士に集まるため家族にバレずに債務整理できる
・様々な書類準備の労力に加え不備があると期限切れや不利益な結果が生じる可能性がある
・金融のプロとの交渉には法律の知識や交渉経験がないと結果に差が出やすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です