銀行カードローンも債務整理できるの?

銀行カードローンは借金という感覚がないという方も多いかと思いますが、お金を先に立て替えてもらって、あとから利子をつけて返すという流れはまさに借金です。銀行のカードローンも、消費者金融からの借入やクレジットカードと同じように、支払いができなくなってしまったら債務整理をすることができます。この記事では、銀行カードローンで債務整理をする際の3つのポイントをまとめました。

カードローンを債務整理する際のポイント3つ

1つ目のポイントは、カードローンを債務整理をしても返済額がほとんど減らない点です。カードローンは消費者金融などのように金利や遅延金が高額ではなく、利息制限法を超えていないとされています。つまり、大体請求されている額面通りに返済していかなくてはなりません。

2つ目のポイントは、銀行のカードローンには、保証会社がついているということです。あなたがカードローンを債務整理したら、保証会社が一旦、銀行へ全額返金してくれます。少しややこしいですが、その後は保証会社があなたの借入元となり、ローンの返済先も保証会社となります。また、近頃では保証会社が消費者金融であることが増えてきています。

3つ目のポイントは、銀行のカードローンと同じ系列の銀行口座が凍結されてしまうことです。あらかじめ預金を下ろしてから債務整理をするか、預金を下ろしてから債務整理の通知を送ってもらわないと、預金が下ろせなくなってしまいます。また、給料の振込先も、カードローンと同系列の銀行口座になっていると下ろせなくなってしまうので注意しましょう。
ちなみに、口座が凍結される期間は目安として大体3ヶ月程度で、凍結が解除されたらまた以前と同じようにその口座を使うことができます。もしも3ヶ月以内に口座が欲しい場合は、別の銀行で口座を開設する必要があります。

銀行カードローンは、メインバンクとして使っている銀行の系列のローンを使ってしまうと、銀行口座という大切なライフラインが一時的に絶たれてしまいます。例えば、誰かから振込みがあったり、逆に振込みをしたかったりしたら、大変ややこしいことになってしまいます。面倒な状況になる前にローンは計画的に利用する、支払えなくなったら、早いうちに一旦弁護士に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です