個人再生の清算価値とは?計算方法についても説明

個人再生では「清算価値」というものが重要だということを耳にした経験がある人は少なからずいると思いますが、清算価値というものが具体的に何なのかは少し理解しづらいかもしれません。

ここでは、個人再生で返済額を決める重要な基準となる清算価値について説明し、自分で清算価値を計算するにはどのようにすればよいかを解説していきます。

個人再生の清算価値とは?

個人再生では返済額を決める際、借金額ごとに定められている「最低弁済額の基準」と、財産をすべてお金に替えた場合の金額である「清算価値」とを比較し、金額が大きい方が返済すべき金額となります。

例えば、借金額が1000万円の人の場合、最低弁済額の基準は200万円なので、財産がまったくなければ返済額は200万円となります。

しかし、80万円のバイクと150万円の車を持っていたとすると、清算価値が230万円となって最低弁済額の基準を上回るため、返済額は230万円に設定されます。

個人再生での清算価値を計算する方法

個人再生における清算価値を計算するには、持っている財産の価値を正確に把握して、個々の金額が20万円を超えるものをすべて合計する必要があります。

個人再生で財産として扱われるものとしては、99万円を超える現金や預金、株や為替などの有価証券、家・土地・建物などの不動産、車やバイク、保険の解約払戻金、退職金見込額の8分の1などです。また、20万円を超える価値がある美術品・骨とう品・装飾品などの物品も財産扱いとなります。

例えば、預金300万円に加えて、1000万円の価値がある土地と120万円の価値がある車を持っている人の場合、清算価値は1420万円ということになります。

ちなみに、99万円以下の現金、20万円以下の価値しかないもの(パソコン、スマホ、携帯電話など)、生活必需品(家具や家電など)は財産扱いにならないので、清算価値に含める必要はありません。

まとめ

個人再生では返済額を決めるために、財産をすべてお金に替えた場合の金額である「清算価値」という基準を用います。借金額ごとの最低弁済額の基準と清算価値を比べて、金額が大きい方が返済額となります。

個人再生での清算価値を計算するには、99万円を超える現金や預金、有価証券、家や土地、車やバイク、退職金の8分の1、保険の解約払戻金、その他20万円を超える価値がある物品の査定額を合計すればOKです。

なお、99万円以下の現金や、家具や家電などの生活必需品については、価値が20万円を超えていても清算価値に含める必要がありません。