過払い金請求できる対象者は?

過払い金とは、払い過ぎてしまった借金の利息のことです。利息制限法で利息の上限は、借入額10万円未満は20%まで、借入額10~100万円未満は18%まで、借入額100万円以上は15%までと決まっています。利息制限法をこれを超える金利は、弁護士による債務整理の手続きでカットしてもらえ、正しい金利にしてもらえます。

過払い金を請求できる条件とできない条件

過払い金は、今返済中の借金の過払い金はもちろんのこと、すでに完済した借金でも2つの条件が揃っていれば請求することもできます。
条件の1つは、過払い金の時効が成立していないことです。過払い金は完済した日から10年経つと、時効により請求できなくなってしまいます。

2つ目の条件は、借金をした金融業者が倒産していないことです。過払い金請求をする人が増えて、経営が振るわずに倒産してしまう会社が多く、倒産した金融業者からは過払い金を取り戻すことはできないので、注意しましょう。また、倒産はしていなくても、経営が悪化していると取り戻せる過払い金の額が減ってしまうこともあります。過払い金があるかもしれないと思ったら、なるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

2007年以前に借金をした方は、過払い金を支払っている可能性が非常に高いです。なぜかというと、大手金融業者が2007年頃にこぞって金利の設定方法を出資法から利息制限法に変更し、上限金利を現在の金利に下げたためです。出資法を元にした金利に設定していた頃は29%以上の高金利だったため、2007年以前に借金をした方は金利を払い過ぎている可能性があるのです。

逆に、過払い金を請求できない借金のケースとして、クレジットカードのショッピング枠や銀行系のカードローンが挙げられます。クレジットカードのショッピング枠は、商品の代金を立て替えて支払ってもらっているので、過払い金はありません。クレジットカードで過払い金が発生するとしたら、キャッシング枠になります。銀行系のカードローンに関しては、利息が利息制限法の範囲内となっているため、過払い金の請求をできません。

あなたに過払い金があるかどうか確認する方法として2つの方法があります。

1つ目の方法はは、インターネットにて公開されている過払い金計算ソフトを使って自分で計算する方法です。まずは借金をした金融業者に問い合わせて、取引履歴を記録した書類を送ってもらいます。次に、インターネットで「過払い金 計算 ソフト」と検索して、ソフトを探します。過払い金計算ソフトが見つかったら、金融業者から送ってもらった取引履歴を元に計算しましょう。

2つ目の方法は、弁護士事務所に相談して、過払い金の調査をしてもらうことです。借金問題のプロが計算してくれるので、自分で計算するよりも確実な方法です。弁護士事務所によっては無料で調査してくれるところもあるため、お近くの弁護士事務所を調べてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です