自己破産後スマホや携帯が使えるケースと使えないケース

自己破産にはいくつかのデメリットがあるため、「自己破産するとスマホや携帯が使えなくなるのではないか」という心配を抱く人も少なくありません。

自己破産するとスマホや携帯が使えなくなるケースは確かにありますが、使える場合も多いです。

ここでは、自己破産後にスマホや携帯が使えるケースと使えないケースについてそれぞれ説明していきます。

名古屋の自己破産に強い【名古屋】債務整理相談室はこちらから

自己破産後スマホや携帯が使えるケース

自己破産後も今まで使っていたスマホや携帯が使い続けられるのは、スマホや携帯の利用料に滞納がなく、本体代の分割払いが終わっている場合です。

滞納や未払いがなければ、スマホや携帯が使えなくなる要素は特にありません。自己破産するとブラックリストに載りますが、スマホや携帯には特に影響がでません。

ただし、携帯代やスマホ代をクレジットカード払いにしている人は、ブラックリストに載ると支払いが滞るので、事前に口座引落などの支払方法に変更しておきましょう。

自己破産後スマホや携帯が使えないケース

自己破産するとスマホや携帯が使えなくなるケースは、スマホ代や携帯代を滞納している場合や、本体代の分割払いが終わっていない場合です。

滞納しているスマホ代や携帯代、未払いの本体代といった借金は、自己破産することですべて整理されて返済義務がなくなりますが、代わりに今まで使っていたスマホや携帯を使い続けることができなくなります。

利用料の滞納や本体代の未払いはその時点で0になるため、回線契約自体には問題がないので、新規でスマホや携帯を買うぶんには何の差し支えもありません。

ただし、自己破産後約5~10年間はブラックリストに載り、本体代の分割払いはできなくなるので、スマホや携帯の本体は一括払いで買う必要があります。

まとめ

スマホ代や携帯代の滞納がなく、本体代の分割払いも完了している場合は、自己破産しても今まで使っていたスマホや携帯をそのまま使い続けることができます。

逆に、スマホ代や携帯代に滞納があったり、本体代の未払いがあったりする場合は、自己破産することで滞納や未払いが整理されることで、今までのスマホや携帯が使えなくなります。

ただし、その時点で滞納や未払いは0になるため、新規で携帯やスマホを購入することは可能です。回線契約自体に問題はないので、本体代を一括払いで支払うことができれば、新しく携帯やスマホを持つことができます。