任意整理後はいつからクレジットカードが使えるのか

クレジットカードが使えなくなるというのは、任意整理の最大のデメリットだといえるでしょう。
しかし、任意整理するとクレジットカードは永久に使えなくなるわけではありません。
ここでは、任意整理でクレジットカードが使えなくなるのはいつからか、任意整理後はいつからクレジットカードが使えるようになるのかを説明していきます。

★任意整理でクレジットカードが使えなくなるのはいつから?

弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、弁護士や司法書士が任意整理を請け負ったことを知らせる通知である「受任通知」が会社側へ送られます。
会社側は受任通知を受け取ると、お金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」という機関に「この人は借金を決められた条件で返せず任意整理をした」という情報を伝えます。
信用情報機関の情報はお金を貸す会社であれば随時チェックすることができるため、受任通知の送付後しばらくすると各クレジットカード会社にも任意整理の情報が伝わります。
つまり、受任通知の送付後はいつからクレジットカードが使えなくなってもおかしくないわけです。

★任意整理後クレジットカードが使えるようになるのはいつから?

任意整理後にクレジットカードが使えるようになるのは、任意整理が終わってから約5年後です。
上述の信用情報機関に任意整理の情報が登録されるのは約5年間と決められているので、この期間が過ぎれば再びクレジットカードが使えるようになるのです。
ただし、信用情報機関から任意整理の情報が削除されても、特に通知などは来ません。
ですので、確実にクレジットカードの審査に受かるようにしたい場合は、信用情報機関である「JICC」「CIC」「JBA(KSC)」に信用情報の開示請求をしましょう。
JICCは郵送・窓口・インターネット、CICは郵送・窓口、JBAは郵送での信用情報開示を受け付けています。

★まとめ

弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると受任通知が送られ、受け取った会社側は任意整理の情報を「信用情報機関」に伝えます。
信用情報機関にはクレジットカード会社などお金を貸す会社が加盟していて、随時信用情報機関の情報を確認できるため、受任通知の送付後はいつからクレジットカードが使えなくなってもおかしくありません。
任意整理後いつからクレジットカードが再び使えるようになるかというと、手続き完了から約5年後です。
ただし、信用情報機関の情報が削除されても通知は来ないので、こちらから信用情報機関へ信用情報の開示請求を行った方が確実です。